岩手の鹿踊りは、県北の久慈市や二戸市から県南の一関まで、ほぼ全県に分布する岩手を代表する郷土芸能の一つです。
鹿踊は、鹿子踊や獅子躍などとも書き、風流鹿踊の一種として鹿の頭をかぶって勇壮に踊るものです。
その起源については様々な説があり、特定できません。例えば釜石市の山谷鹿踊では、狩猟で犠牲になった大量の鹿の供養で始められたという説。また江刺市の餅田鹿踊では、猟師である夫の放った猟銃の玉が鹿に当たらないようにと、自ら楯になって死んだ妻の墓の前で、八頭の鹿が柳の枝をくわえて回っていた。その姿を見て感動した夫が鹿の皮を着て供養のために踊った、という説も残されています。
鹿踊の起源はおそらく仏教伝来以前にさかのぼるものと思われ、初めはどんな姿で踊られていたかは不明ですが、現在のような装束は江戸時代からのものと思われます。

民俗的には、村、土地、の生活をおびやかす悪霊を圧し鎮める強力な、神の使いの霊物として「シシ」を考えたことが、鹿踊の芸を伝承させる原因となっています。
昔、春日大明神では春日の神の使いとしての神鹿を人間と同じ待遇としていたといい、「譚会」には、神鹿の死に対して人間の場合と同じように供養や慰霊の行事も行われたと記されています。
岩手県地方に伝わる鹿踊は、「太鼓踊系鹿踊」と「幕踊系鹿踊」に大別され、奥州金津流獅子躍は、「太鼓踊系鹿踊」に属します。
鹿踊の装束は、他のいかなる芸能にも見られない一種の威厳さがあり、又この踊りの精神には「太古の民俗心理」が通っており、そして自らが囃子、自らが歌い踊るところに、この鹿踊の特徴があります。素朴さの中に、高い風格を兼ねそなえた土俗舞踊、鹿踊として、内外に広く紹介されています。

鹿踊は太鼓をつけない幕踊り系と太鼓をつけた太鼓踊り系に大別され、金津流は、太鼓踊り系に属する民俗芸能です。
装束は、他のいかなる芸能にもみられない一種の威厳さがあります。
鹿角を横に張り出した獅子頭に長い髪采を豊かに垂らし、上半身を麻の前幕をもって覆い、下は大口袴。頭上に赤地の太く大きい華鬘(けまん)結びと絵柄の流しを後ろに垂らし、背に長いササラを背負います。
腰太鼓を斜めに付け、二本の細ばちで、自ら囃し、自ら歌い、踊るところに大きな特徴があります。
祖霊供養、悪霊退散、五穀豊穣を祈願し、寺院や民家の庭で踊られ、また、地元の神社の例祭に奉納する神事芸能として伝承されてきました。
素朴さの中に高い風格を兼ね備えた金津流は、まさに、東北の至宝であり、日本の代表的民俗芸能の一つといえます。
演目には、三光の型(儀式の舞)・礼庭・霧返し・島霧・雌獅子獲り・案山子踊り・鉄砲踊り・土佐があります。
芸技の伝承だけではなく、入門の儀・役付けの儀・頭譲りの儀・総見の儀・最後に相伝四門の儀、供養碑の建立といった一連の儀式の伝統をも厳格に守り継承されております。